ひと安心の結果がでました。

退院後2週間たった9月20日

経過観察の診察と病体検査結果を聞きに行きました。

朝から憂鬱な気分。いよいよ結果を聞く時が来たなぁ・・と

大丈夫と思いながらも病院に向かう準備が、はかどらない。とりあえず洗濯干して、簡単に掃除して病院へ。

外は憂鬱さを増すかのような曇り空。でも、入院の時もこんな天気だったなと思い出し、

『なるようにしかならない!いくぞYUKA』

 

予約時間の10:30前に受付を済ませ、外来待合室へ。

混んでいる待合室。呼ばれるのは予約の時間よりかなり後になりそうです。

待つこと40分ちょっと。

『中村さん、ナカムラユカコさん、5番診察室へお入りください』

「こんにちは」と、診察室に入る。

「その後どうですか?」

「出血はありますが、痛みはほとんどありません。」

「どの程度の出血ですか?」

「生理3日目から4日目くらいの感じです。塊のようなものは見られません」

 

問診が終わって

「では、診察台に上がってください」

あ〜ほんとに診察台に上がるのは、ドキドキ。

「経過は順調ですよ!傷口もくっついてますね。おりものがでているので、出血はもう少しあると思います」

診察台から降りて、椅子に座ると病体検査結果を出して説明が始まりました。

 

『結果はよかったです!浸潤は見られないので大丈夫です!』

『ただし。手術の前にもお話したように再発の可能性が2%〜8%なので、3ヶ月後にまた細胞診をやりましょう』

よかった〜と、気が抜けた感覚でした。次の外来は12月に予約を入れ診察終了。

検査結果の紙をもらい、会計を済ませ診察終了。

 

帰る前に、仕事中の父と母にとりあえずメールで報告。

夕方、実家にいき改めて報告すると

『本当によかった!よかった〜』と、声のトーンが上がってました。

病気のことを、伝えてからこの日まで何度も顔を合わせていたけれど、いつものように会話して接してくれてた父と母。2ヶ月ちょっとのあいだ、そうとう心配をかけていたことを改めて感じました。

まだ、無理しちゃダメだからねと、念をおされて帰ってきました。

あなたもだったの?

このブログを公開してから、友人に会うたびに子宮頸がんの検診受けてる?と今回の話をするようになりました

意外なことに、私も円錐切除術うけたよ!という友人が2人。

一人の友人は高度異形成が見つかった時にすぐ手術。

もう一人の友人は、半年後に手術をうけたことを聞きました。

二人とも35歳の時に、発症したそうです。

また何年も中度異形成のままなんだよね・・と話してくれた友人もいます。

中には、彼女たちと違って『うけていない』という友人もいました。

友人は、「まさかYUKAが???」と驚き、「受けに行って来るよ!」という話をする機会が多くなりました

友人との会話で、言われなければ気づかない、あえて話さずにいたい。いやあえて話さなくてもいいと思う気持ちがあるのが『癌』という病気なんだなと思いました。