私は YUKA 47歳 更年期が始まっています。

少し前からカラダに不快感を感じていました。でも大丈夫!と気づかないフリをしていた

47歳の YUKA・・

これは、私が体験した『Re-born』生まれ変わりの更年期での記録です。

子宮頸がんと診断されるまでの細かな検査のこと、円錐切除手術のこと、術後のことなど記録して、少しでも同じ立場の女性のお役に立てればと思います。

 

まさか!私が子宮頸がん?!

7月に検診で「要検査」そして、生検・コラボ検査と続き、結果は『上皮内癌』との診断でした。

『えっ!?わたしが!?』まさか・・でした。

 

自覚症状はまったくありませんでした

最初の検診で「要検査」を医師に勧められこの2ヶ月、2週間に1回の割合で婦人科に通っていました。

痛くもなければ、かゆくもない。

なにか症状があるの?と聞かれても、本当に何もないんです。

バレーボールだってできてたし、家事もできて、仕事もできて。本当になにひとつ症状は感じてませんでした。

先生の説明は、子宮頸がん・子宮体ガン、初期の段階ではほとんどの方に自覚症状はないそうです。

 

いま思えば、1年くらい前から生理の二日目の量が半端じゃなかったことくらい。

1番大きい夜用ナプキンが、あっというまにいっぱいになってしまい、モレてしまったこと。

これが体の中からのサインだったのかも知れません。悪いものを外へ出そうという働きだったのかも?

(子宮筋腫を持ってる友人もこの経血過多のことは話してました。)

それでもその日が過ぎれば、普通の生理と変わりなく終わっていたのです。

毎月の生理が常にそうだったわけでもなく、あまり気にも止めずにいました。

 

無月経?それとも閉経?

今回の子宮頸ガンがわかったのは、生理が3ヶ月こないことがきっかけでした。

3ヶ月生理が止まり、閉経かな?とりあえず婦人科で診てもらおうと思ったのです。

更年期カウンセラーの資格をとって1年。

皆さまに、『婦人科のパートナードクター見つけてくださいね』とお伝えしている立場だからこそ、積極的に受診する気持ちになって婦人科の門をくぐりました。

きっとこの資格を持っていなければ、この病気をいまの段階で見つけることはできずにいたと思います。

じつは、病院がニガテ、どちらかと言えばキライ。

ちょっとの事くらいじゃ行かない。寝れば治る…っていうタイプでした。

そんな私が、更年期のことを学び、みなさまに伝えて行くという資格を取ったのが必然なことだった!と、

いま、改めて実感しています。

 

この体験をきちんとお伝えしようと思います

それは、早期発見をして頂きたいからであり、

手術を受けなければならない方、そしてその家族の方の不安を少しでも和らげ、

お役に立ちたい、お手伝いをしたいという思いからです。

ブログに、検査のことから手術まで。そして術後の経過などを載せていきます。

でも、それだけでは伝わりきれないこともあります。

そこで、更年期カウンセラーとしてお伝えできる方法を、いま準備しておりますので、ほんの少しの間お待ちください。

これは、退院した日に届いた花束。

バラの花言葉。愛と勇気と元気。

貴女にも届きますように♡  Yuka