入院となると、医療費が気になるのは当然のことです。

この医療費の支払いに適用される制度と保険についてご紹介しますね。

限度額適用認定証

これは、医療機関を受診した時、窓口で『限度額適用認定証』を提示すると、自己負担限度額のみで支払いが済む制度です。(食事代・差額ベット代は別途支払い)

ただし、認定を受けた月からの対象となるため、申請は先にしておくことが大切です。

申請先は加入されてる保険組合によって異なります。

詳しくはこちらの全国健康保険協会さんのページをご参考ください。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3020/r151

生命保険

ご自身が加入されてる生命保険の確認もしましょう。

加入してもなかなか使うことのない生命保険ですが、医療保険以外でも「特約」に付加されている場合があります。

必ず確認してください。

また、手術や入院の際は、診断書が必要となってきます。

あらかじめ保険会社の必要書類を取り寄せて、手続きの仕方や提出する時期を聞いておくことで、

入院時もしくは、退院後診察の時に事務手続きで提出しておけば二度手間にはならずに済みます。

(病院で診断書が出来上がるまでに1週間〜2週間必要とされてます)

手術後は体力が落ちます。入院前にできる準備はしておきましょう。